May 26, 2009

抜け毛の原因にかかわる遺伝子発見

今日気になったニュース。抜け毛の原因にかかわる遺伝子が発見されたとか?男としては、抜け毛の心配をしないでも良い時代になってほしいもの。ニュースによれば、


抜け毛の原因にかかわる遺伝子を国立遺伝学研究所と慶応大がマウスで見つけた。人も共通の仕組みを持つ可能性が高いという。25日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この遺伝子がつくるたんぱく質「Sox21」は、神経細胞の発生や増殖に関係していることが知られている。遺伝研の相賀裕美子教授(発生遺伝学)と慶応大医学部の岡野栄之教授(生理学)らは、生まれつきSox21遺伝子を持たないマウスを作った。このマウスは生後まもなく体毛が生えそろうが、生後15日ごろ頭部から脱毛が始まり、1週間で全身の毛が抜けた。その後は、25日周期で脱毛と発毛を繰り返した。マウスの毛は25日周期で生え変わる。脱毛マウスも周期や発毛機能は正常だが、抜けるスピードが異常に速かった。体毛を詳しく調べたところ、毛の表面を覆い、うろこのような形で毛根とつながっているキューティクルがほとんどなかった。詳しい仕組みが分かれば、治療薬開発の糸口になるかもしれない」と話す。
(yahooニュースより)


こういう研究に、国の予算を沢山使えばいい。ビジネスにもなるし、抜け毛がなくなれば皆のものは喜ぶ。




ke150 at 22:31 
日記